体型別着こなし

スタイリスト直伝!5つのコツで【胸が大きくて太って見える】を解決

「「胸が強調される」「太って見える」という胸が大きい人ならではの悩みってありますよね。
夏場はTシャツやカットソーを1枚で着る機会が多くなるので目立ちやすくなりますし、かといって冬場は寒さでニットなどを重ね着すればするほどふくらみが増す…
どのアイテムも胸の大きさのせいで「なんか似合わない…」「イメージ通りのコーディネートにならない…というお悩みもとても多いです。
胸はコーディネートする際に季節を問わず頭を悩ませる問題です。
そこで今回は実際にスタイリングをしてみて気が付いたことも含め素材感選びからコーデのポイントまで胸の大きい人がすっきり見えるコツをご紹介いたします。

まずは素材選びのコツを。
単刀直入にいうと張り感のある素材のものをチョイスするのがおすすめ。

Tシャツやカットソー、ニットでもそうですし、シャツなどに使われる布帛もです。
胸の大きさで悩んでいる方が一番避けたいのは「胸が大きい!」と強調されてしまうこと。体にフィットしてしまうとまさにそれが起こってしまいます。

張り感がある素材を選ぶとそれが軽減されます。張り感のある素材のものは基本的に体にはフィットしにくいです。
カットソーではフライスなどの伸びて体にフィットする生地ではなく、ちょっとバサッとした素材感のものや、ポンチ素材のものが◎
シャツも透け感があまりなくパリッとした素材のものを選びましょう。
またニットは目の詰まったものを選ぶといいでしょう。

サイジングですが、ここはちょっと大きめに。
大きめサイズだと体型を拾わず、体と着ているものの間に余白が生まれると自然と華奢見えします。
胸を目立たせずにすっきり見えるわけですね。
これ、一石二鳥!

形選びのコツ(首の開き方)

32593-1900245-s-06-dl

首の開きはスタイルアップのための重要なファクターの一つ。
首元をすっきりするということは、布の分量の調節をするということです。
胸の大きい人は、胸のふくらみだけ布の分量が見た目にも多くなります。
そこで、首元でその分量の調整を行うのです。
この布の分量の調節は肩幅の広い人にも言えることで、逆に肩幅が狭い人は首の詰まったもので布の分量を調節してちょうどいいバランスにする。というわけなんですね。
そこで胸の大きい方がチョイスしたい首の開きは「Vネックとボートネック」
これは肩幅が広い人に似合う胸元と一緒です。
首が出る分布の分量が調整できるので、胸元に目が行きにくいという視覚効果を狙ったものです。

しかしながら注意しないとならないのは「開き加減」
谷間が見えないくらいの開き方が求められます。肌の露出のし過ぎは下品な印象を与えてしまいがちです。TPOをわきまえて開き方を調節しましょう。

形選びのコツ(ディティールのデザイン)

18022821

デザイン選びにもすっきり見えのコツはあります。

胸元のデザイン
まずは胸元に過度な装飾(たくさんのフリルやビジューなど)のあるデザインのものはNG。
胸元に視線が行ってしまいます。
またフリルは広がるとより胸の大きさを強調させてしまいます。
胸元にアクセントをもってきたい場合は胸にかからないくらいのネックレスなどアクセサリーを付けるのが効果的。

袖丈と袖の装飾
袖丈や袖のデザインにも注意が必要です。
トレンドからもはや定番になりつつあるいわゆる「袖コンシャス」なデザインのものには特に細心の注意を。
胸の高さに広がりがあるデザインのものはNG。胸を強調するだけでなく、胸が広がって見えてしまいます。

袖丈も胸よりも下の位置の丈を選びましょう。
丈の終わりは視線のはじまり
(これ超名フレーズ。)
袖丈が終わる部分は必ず目線がいくポイントになります。バストトップの延長線上に袖丈の終わりの部分がいくと・・・?
そうです。とっても胸が目立つことになってしまいます。

ということで、デザインを選ぶコツは以下。
・胸元はシンプルなデザインのものを選ぶべし
・袖のデザインがあるものはバストトップよりも下に広がりのあるものを選ぶべし
・袖丈はバストトップよりも下のものを選ぶべし

コーディネートのコツ

「ビックシルエットのトップスを着るととても太って見えてしまう」
胸の大きさでお悩みの方のあるあるだと思います。
実はこれ、バストトップで体の厚みが固定されてしまうので起こってしまう現象。
ずっと同じ厚みが続くため、どうしても全体的に厚みがでてしまって太って見えてしまいます。
そこでコーディネートをする際に気を付けたいのがこの部分。要するに「メリハリ」を付けてあげるということ。
そのメリハリを簡単に作るコツがウエストイン
その際ぴったりとインしてしまうのはNG。
胸が余計に強調されてしまいます。胸がちょっと遊ぶくらいの緩さでブラウジングしてあげましょう。
そうすると自然とメリハリが作れます。
お尻やわき腹が気になってしまう・・・という方も是非前だけインしてみてください。ちょっとたっぷりめにたゆませると、わき腹もきになりませんよ!

18102902

着やせ効果を作るシルエットのコツ

これは特に下にボリュームのあるボトムスをはく時に当てはまる事なのですが、下にボリュームのあるボトムスにトップスをウエストインしてメリハリを作ることは実はコーディネート全体でみると、あるシルエットを作り出す事になっているんです。
そのシルエットとは【Xライン】シルエットです。
胸の大きさが気になる人は【Xライン】シルエットのコーディネートが似合う人が比較的多いのです。Xラインに着こなす事で全体をスッキリ見せることが出来ます。

Xにしたら「胸が余計強調されて太って見えるんじゃ…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、洋服を着た時にスッキリと見せるためには全身の中で気になる箇所を全体像で見てバランスを取ってあげる事が大事なポイントです。
ウエスト部分を細く見せてあげる事で、他も一緒に細く感じさせてしまえればこっちのもの。

Xラインを作ることはとても簡単です。
ウエストを強調してコーディネートする事でアルファベットのXのようなシルエットを作ればOK。Xを作る事でシルエットにメリハリがうまれ、コーディネートをスッキリと見せることができます。
ぜひ一度試してみてくださいね。

19062602

胸が大きい人が苦手とするアイテムごとのポイント

これまでにお伝えしたコツを踏まえて胸が大きい人が苦手に感じやすい代表アイテムの中で胸をスッキリ見せてくれるシルエットなどをご紹介致します。

Tシャツ

春から夏、季節の変わり目から秋にかけて必須アイテムのTシャツは胸の大きさがわかりやすい為、いやらしく見えやすい、下品に見えそうなどの理由から胸が大きい人にとっては苦手意識が強いアイテム。

19031311

胸が大きい人が一枚で着るために選びたいTシャツは、ネックデザインのコツでお伝えした縦長を強調して上半身のボリュームをスッキリ見せてくれるVネックです。また適度なゆるみがあるものを選ぶと◎。
ボディラインにピッタリとするTシャツは胸を強調しやすくなります。身体とTシャツの間にほどよくゆるみのあるサイズ感を選ぶことで胸を強調しにくくなります。もしもサイズ展開のあるTシャツなら普段のサイズ感よりもサイズアップして選ぶことをしてみてもいいですよね。
そして素材選びのコツでもお話しした張りがあり、薄すぎない素材感を選ぶとよりスッキリ感がアップします。

ニット

秋から冬、コットン素材のものなら春も活躍するニットですが、Tシャツ同様にボディーラインが目立ちやすく胸が大きい女性の中には苦手に感じる方も多いアイテム。

17071033_1.jpg1

ニットは編み目が粗い、ざっくりと編まれたものを選ぶと胸を強調しにくくなります。編み目の細かいニットは肌感を拾いやすくなります。
シルエットは首に開きがあり、ゆとりがあるやや大きめのデザインが◎。Tシャツ同様にピッタリしたシルエットは胸の形を強調してしまうのでゆるみで胸の大きさを感じさせないようにしましょう。もしも編み目の細かいニットを着たい時はこの「ゆとり」があるデザインにするとピッタリしたシルエットに比べて胸の大きさを拾いにくいのでニットのゆとりに注意して選んでみてくださいね。

17062728

そしてニットの中でも胸の大きい人が特に苦手に感じやすい種類はやはり【タートルネック】ですよね。タートルネックは首元が詰まっているので胸の大きさのせいでどうしても太って見せてしまうので胸の大きい人にとっては本当に難しいアイテムです。それでもやっぱり秋冬らしいアイテムですし、首元までニットがある事で暖かく、ストールを巻かなくてもいい場合もあるタートルネックは冬に着たいシルエット。そんなタートルネックを胸の大きい人が着るなら、「オフタートル」を選びましょう。 オフタートルネック は首回りにゆとりのあるシルエットなので胸が大きい女子でも着やすい形です。加えて首元のボリュームのおかげで小顔効果もあるので一石二鳥です。オフタートルを着る時もニット全体のゆとりはお忘れなく。

18091003

ワンピース

ワンピースはウエストを覆い隠すアイテムなのでウエストのくびれを強調したい胸が大きい人にとっては難関。
ウエストを強調するためにウエストのサイズに合わせると胸がきつい場合が多く、逆に胸に合わせると胸が大きい分全体を大きく見せてしまう原因になります。そう思うと細身のワンピースを選びたくなりますが、細身のワンピースはやはり胸がきつく、上半身が動かしにくくなることからうっかりすると肩こりの原因になりかねません。

18100307_1

そこはやっぱりラクに着たいところなので、Tシャツやニット同様に程よくゆとりのあるサイズ感・シルエットを選びましょう。ただそれだけではウエストをぼやかしてしまい太く見せてしまうので、胸が大きい人がワンピースを着る時の強い味方がウエストマークです。このウエストマークする方法にはベルトやワンピースに付属紐がついている場合などはその紐などがあります。ウエストマークをする事でメリハリをつけることが出来るのでワンピースもスッキリと着こなす事が出来ます。ベルトは普通のタイプはもちろんサッシュベルトなどもおススメです。

オールインワン

胸が大きい人がオールインワンを着ると、オールインワンもワンピース同様にウエストを覆い隠し、特に脚も覆い隠してしまうので太って見えやすいアイテムです。

18102605

胸が大きい人がオールインワンやサロペットを選ぶなら上半身の部分のデザインが重要です。Tシャツやニット同様にVになっているものを選ぶとスッキリと見せやすくなります。Vあきって最強ですね。
もしも前立て部分が大きめのものにするならウエスト部分がキュッとなった女性らしいシルエットを選ぶとスッキリ見せることが出来ます。

おわりに

体型はひとそれぞれ。
ゆえに悩みも人それぞれ。
「豊かなバスト」は女性にとってあこがれの対象ではありますが、それぞれに悩みはあるんですよね。
(私はあこがれる側ですけどね。)
今回は実際のスタイリングの際に私が気を付けていることと、お悩みを抱えている方にお伝えしているアドバイスを伝授。
胸の大きさでお悩みの方は是非試してみてください。

画像出典:e-zakkamaniastores

Tags: