着こなしTPO

紫外線対策から汚れ対策まで。BBQ(バーベキュー)を楽しむために着ていく服選びのコツ

 

レジャーシーズンに増える楽しくて美味しいものが食べれるイベント、バーベキュー。ほんの少しファッションに注意するだけでさらに楽しいイベントに。今回はバーベキューを楽しむためのお洋服選びのコツをご紹介致します。

羽織物で紫外線や火をカバー

つかうやつ2

バーベキューと言えば定番は屋外。お天気のいい日にやる機会が多いもの。お天気がいいという事は日焼けをカバー出来たらバーベキューが終わった後のケアも簡単で済みます。
パーカーやシャツなどの長袖の羽織があるととても便利。
長袖なら火を扱うので火傷の心配もあるバーべーキューでも火傷も防ぎやすくなります。
熱くなってきて食べる時は脱げると便利なので、半袖に長袖の羽織を着るスタイルだと準備の時は羽織っておいて、食べる時や帰る時は涼しくするために脱ぐ、ということが出来てとても便利です。

つかうやつ3

「汚れてもOK&動きやすい」なら楽しみが倍増

せっかくお友達や仲間とわいわいする機会です。みんなで一緒に準備をしたり片付けをしたらそれも思い出として楽しめるものですよね。
準備や片付けの時はもちろん食べる時も屋内で準備したり食べたりするのと違って足場が悪い場合もあるので、いつもより汚れる可能性があります。汚れてもいいように汚れが目立ちにくい色やアイテムを選ぶと、みんなで楽しむことが出来ます。
また洗濯しやすいものだとちょっとくらい汚れても、「洗濯すればいっか」と思えるものならより楽しめるというもの。
トップスならTシャツやカットソーなら洗濯も簡単でニットに比べると引っかけたりも気にしなくていいので楽しい時間を過ごす事ができますよね。

つかうやつ7
つかうやつ4

ボトムスは長いけど長すぎない、下につかない丈なら動きやすいし水たまりなどでも気になりにくいので〇。
もし長いのしかないな、という場合はロールアップしてしまえばOKです。

ロールアップについて知りたい方はこちらから
”ロールアップでいつものボトムをアンクル丈にアップデートしよう!”

DSC00479
つかうやつ8

スカートを履いていくなら中にレギンスを履いていくと動きやすいのでスカートやワンピース派の方はレギンスコーデならみんなと楽しい時間が過ごせますよね。

レギンスの着こなしのコツはこちらから
”第2次レギンスブーム!簡単着こなしテクはたった2つ”

つかうやつ10

足もとはスニーカーなら足場が悪くても動きやすくて〇。
もし持ってないなという場合はバレーシューズのようなペタンコ靴で代用してみてくださいね。出来ればつま先が出ていないものだとより安全に楽しむことが出来ますよね。

つかうやつ6

持っておくと便利かもアイテム

21401-1800893sk_01

サコッシュのような小さめの斜めにかけれるバッグを持っていくと、貴重品や携帯を入れて置いたりも出来るし、準備の時などにすぐ使いたいものをそっと持っておくのにとても便利です。
またついうっかり忘れてしまいそうなもので、髪の長い方ならヘアゴムやシュシュを持っておくと、じゃまにならずに準備も出来るし、食べる時も髪の毛がじゃまにならずに楽ちんです。

おわりに

これくらいの事に気をつけるだけでOK。ほとんどが手持ちの方が多いアイテムなのでレジャーだからといって無理に買う必要もありません。
お手持ちのアイテムの中から必要で使えるものをチョイスして外でのレジャーを思う存分楽しんでくださいね。

画像出典:e-zakkamaniastores

Tags: