体型別着こなしアイテム別

二の腕が細見えするノースリーブの選び方&簡単コーデ術!

気温が高くなり、日中が暑い季節になってくると着れるとうれしいアイテムに「ノースリーブ」がありますよね。ただこのノースリーブを着る時にどうしてもついて回るのが「二の腕」。「腕っていうか脚みたいでノースリーブは無理…」なんて思っている方もいらっしゃるはず。
今回は二の腕が少しでも気にならなくなるノースリーブの選び方と簡単コーディネート術をご紹介いたします。

形選びのポイント

二の腕を少しでも気にせずにノースリーブを着るためにはまず形選びにポイントがあります。

腕の付け根まである形

DSC06050.jpg1

1つ目は袖口が腕の付け根まであるもの。言い換えれば肩幅が少し広めの物を選びます。腕の付け根を見せなくすることで、腕がどこから始まっているのかをわからなくする事が出来、前から見た時に腕の付け根が出てしまうノースリーブを着た時よりも二の腕を細く見せることが出来ます。
この時ほどよくゆとりがあるものを選ぶとさらによいです。ほどよくゆとりを持たせることで肌の肉感を拾いにくくなり華奢に見せる効果があります。
またこの時1つ注意するポイントがあります。それは落ち感のある素材のものを選ぶこと。素材にハリがありすぎると、上半身をがっちりして見せてしまいます。袖口が腕の付け根までくるノースリーブの時は素材に落ち感があるものを選んで二の腕をスッキリ見せてあげましょう。

DSC05492.jpg2

タックやフレアでカバー

DSC07546.jpg5

2つ目は肩の先にタック入りのデザインやサイドにフレア入りのデザインも二の腕をカバーして細見えさせてくれます。タックやフレアによって作られるドレープが気になる二の腕をちょうどよく隠してくれるため、テクニックがいらず体型カバーした着こなしに。サイドにフレアがあるものは二の腕だけでなく、お腹まわりもピッタリしないものが多いので、体型が気になりやすい初夏から夏にかけてには便利に使う事ができます。

DSC07534.jpg3

素材選びのポイント

体のラインを拾いやすいピタッとしやすい素材は肉感を拾いやすく、むっちりして見えやすくなります。体にフィットしすぎない素材感を選ぶと二の腕も上手にカバーしてくれます。またフィットしすぎない事で涼しくも着られます。せっかく涼しく着たいノースリーブ。体にフィットしすぎると体にはりついてベタっとした感じがしますよね。涼しく着るためにもゆとりを持たせ、フィット感の少ないものを選ぶとノースリーブの涼しさが活かされて気持ちよく着こなすことができます。

またシャツやブラウスの時もパリッとしたものよりは触った時に柔らかさのあるものを選ぶと〇。これは形の時もお伝えしましたが、あまりハリがありすぎると上半身ががっちりして見えやすくなってしまうので、ハリ感が少ない素材を選ぶと女性らしさが出ます。

コーディネートのポイント

形・素材選びのポイントがわかったらコーディネートでもすっきり見せしていきましょう。
コーデは全身のバランスで考えると簡単です。
形や素材で細くみせても全身のバランスが上手く取れないと、全身で見た時に結果として太って見えてしまいます。
これではせっかく二の腕を細く見せたことが台無しになってしまうので、ノースリーブのシルエットに合わせてコーディネートする事が大事になります。

スッキリとしたシルエットの場合

選んだノースリーブがスッキリとしたシルエットの場合、下にボリューム感を出すと簡単。
ワイドパンツやフレアスカート、ガウチョパンツなどは簡単にボリュームを出す事が出来るのでおススメ。

下にボリュームを出すと下半身を太く見せてしまうのではないか、と思う方もいらっしゃると思いますが、ワイドパンツなどは脚とボトムスの間にゆとりが出来るので、中はボトムスよりも細いと錯覚させることが出来るのでおススメなんです。

19052919

基本はボリュームのあるボトムスを合わせると簡単ですが、スッキリしたシルエットのボトムスを合わせられないというわけではありません。
お尻や腰幅、太ももなどが気にならない方はスッキリしたボトムスを合わせる事で全身がIライン(アイライン)になるのできれいに着こなす事が出来ます。
お尻や太ももなどが気になる方は目隠ししてあげればいいので、タンクトップなどを重ね着したり、前をあけて長めの羽織を着ることでIラインが作れるのでスッキリとしたボトムスを合わせたい方はぜひお試しを。

Iラインについて気になる方はこちらから
”基本となるシルエットを知ってもうワンランク上のコーディネートをゲット!”【Iのシルエット】

19061303

気になる部分をレイヤードで上手にカバー。

広がりのあるシルエットの場合

広がりのあるシルエットの場合は、下をすっきりさせてあげると簡単です。スッキリとしたボトムスを合わせる事でコーディネートにメリハリを作る事が出来ます。
この時のボトムスですが、下半身のボリューム感によって似合うシルエットが異なるので、自分のボリュームに合わせてシルエットを選んであげるとよりスッキリとしたコーディネートを作る事が出来ます。

自分に似合うパンツのシルエットが気になる方はこちらから
”いくつ知ってる?パンツのシルエットの種類と似合う体型”

19042405

こちらもすっきりとしたシルエットしか着られないのかというとそういうわけではありません。
上半身が華奢な体型の人が多い洋ナシ体型さんなら広がりのあるノースリーブにワイドボトムスを合わせても上手にバランスを取れる人が多いですし、胸などの上半身にボリュームのある方でしたらトップスをボトムスにインすれば全身にメリハリがつくのでコーディネートする事が出来ます。
広がりのあるシルエットはゆとりがあるのでインして少し抜けば自然に上半身にゆとりがうまれるのよりメリハリをつけたコーディネートを作る事ができるんですよね。


洋梨体型さんなど体型のシルエットについて気になる方はこちらから
”私に似合う&スッキリ着やせが叶う!【体型別】着こなしバランスの取り方”

19041901

洋梨体型さんならこんなゆったりしたボトムスも。

出すのは細く見せるため

それでもなかなかノースリーブって着たいけど勇気が出ないという方が多いと思います。ですが思い切って「出すところは出す」というのも大事な事。出すところは出して隠すところは隠す、という風にすることによってメリハリがつくのです。しっかりメリハリをつけることはお洋服の着こなしをステキに見せてくれる大事なポイント。形や素材を上手に選んで出すところと隠すところを上手に調節すれば、全部を隠すよりもかえって細見えさせることができるんですね。

実は大事なノースリーブの中

細見えする形や素材・コーディネートがわかったところで、最後に1つ。
実は忘れてはいけないことがノースリーブの中に着るインナー問題。ノースリーブを着る時に下に着るインナーがゆるいと心もとないので、ノースリーブを着る時はちょっとピッタリ目のタンクトップやキャミソールを選ぶと電車で腕を上げた時なども脇まわりが安心です。

32489-1900364-s-05-dl.jpg1

ここでインナーに関する余談を1つ。
せっかくノースリーブで涼しくしたのに真夏にインナーを着たら暑いでしょ、と思う方もいらっしゃると思いますが、実はインナーは着ていたほうが心地よく過ごせるんですよ。

真夏にインナーを着たほうがいい理由が気になる方はこちらから
”夏の重ね着こそ実は暑さ対策に!真夏にインナーを着たほうがいい3つの理由”

インナーも上手に選べるとノースリーブをより一層楽しく着ることが出来るのでぜひサイズ感のちょうどいいものを試してみてくださいね。

おわりに

初夏くらいになるとノースリーブがたくさんお店に並び始めます。そしてノースリーブに羽織を着るコーディネートがちょうどよく感じられる日が増えてきますよね。真夏になれば羽織なしでより快適に。
秋冬に比べて気温が高くなればなるほど重ね着などをしなくなってきて着られるものが限られてくるので、毎日のコーディネートがマンネリ化しがちになりますよね。そんな時着てみたいけどちょっと勇気の出なかったノースリーブをワードローブに加えらえれるとコーディネートのバリエーションが増えるので今までの初夏から夏にかけてよりもちょっと楽しい毎日になりますよね。
形や素材を上手に選んで季節ごとのお洋服を楽しんで!

DSC06332.jpg6
タンクトップ

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: